FC2ブログ
2019.10.12 空手バカ一代
19-10-10d.jpg
さて水曜日に久しぶりに大阪遠征しましたよ。

いつもの画材屋さんからのまんだらけコースです。

毎回カブで行くのですが今回は車です。

実はだぃだぃが断捨離中と言う事でまんだらけに買い取り査定に行きたいらしい @@;

ガラクタばっかり集めてる僕にとっては耳が痛い話ですw

夕方京都を出発して171号線で大阪方面へ、

ナビ役がいると楽ですね。

車なので画材を爆買いw

大きい額を10個も買いまいたよ @@;

その後はまんだらけへ、

だぃだぃが査定している間に僕はいつものビンテージコミックコーナーへ。

物色。。




19-10-10c.jpg
今回GETしたのはこちら!


原作:梶原一騎

作画:第一部~第三部 つのだじろう
    第四部~第六部 影丸譲也

空手バカ一代。

良いねー!

長編なのでじっくり楽しめます。

さてまんだらけを出るともう20時すぎ、

道も空いてきてスイスイ進みます。

無事に京都に帰ってきました。

いやー久しぶりの人ごみ、

疲れますね。

そーそー、

まんだらけの近くで竜王が出現してたので討伐に参加したんですけどね、

一瞬で参加者MAXですよw

さすが人口が多いと違いますね、

普段は1人で倒すところをタコ殴りですからねw

あっと言う間に倒されてました、

これはこころ集めが楽ですw

地域クエストはちょこちょこ探しましたがわからなかったですね。

通天閣とか大阪城とか?

いやー今回の大阪遠征もなかなか充実してました。

次は冬ぐらいに行こうかな。
2019.09.19 青い鳥
19-9-9bg.jpg
さて絵本です。

今回GETしたのは青い鳥。

名作ですね。


作:モーリス メーテルリンク

絵:いわさき ちひろ







19-9-9bh.jpg
個人的には藤田和日郎先生の漫画、月光条例の印象が深いかなw

主人公の岩崎月光がチルチルっぽい事には最初から気づいてました。

うしおととら、からくりサーカス、藤田先生の作品は全部好きです。

あ、漫画の話になってますねw


絵本のお話に戻すと、、

しあわせの青い鳥を探す兄妹、チルチルとミチル。

彼らは過去や未来、様々な世界を訪れますがそこに幸せはありません。

チルチルとミチルが生きている「現実」にこそ、幸せがあるということでしょう。

この物語から青い鳥症候群という言葉が生まれるほどw

チルチルとミチルが青い鳥を探し続ける姿から、

現実を直視せずに理想ばかりを追い求める人の様子を指す。

(゚д゚)ハッ!

僕の事かー!!!ww
19-6-14f.jpg
さて絵本です。

今回GETしたのはひとまねこざるシリーズで、

ひとまねこざるときいろいぼうし

僕の大好きな絵本です。

表紙にていきなり逮捕くらってますよw

みてくださいジョージのにやけ顔ww






19-6-14g.jpg
今回もめちゃくちゃなじょーじw

楽しいですね。





19-6-14h.jpg
どえらいことしよるでw

かわいいおさるはいつでもどこでも何かを見つけて挑戦します。






19-6-14i.jpg
これでひとまねこざるは3冊揃いました。

フルコンプと行きたいところですが、、

少々気がかりな事があるのです。

僕が子供の頃に見ていたのはこの【ひとまねこざる】なんですけどね、

絵本のコーナーでたまに見かけるのが【おさるのジョージ】と言うシリーズ @@;

んん?

絵の雰囲気は似ていますがなんだか違う感じ、

僕の記憶にはないシリーズがあるのです。

主役のじょーじは同じおさる?

と思い少し調べたんですけどね、

どーやら原作のレイ夫妻が亡くなった後、

この作品を原案にしたものが新しく制作されたらしい。

へー、そーやったんですね。

かなり種類があるみたいなのでこちらも集めてもいいかもw

でも僕はやっぱりひとまねこざるの方が良いかな。

まずはこちらから収集ですね。

さー次はどんな絵本に出会うのかしら。

さて3月で終了したオールナイトニッポンプレミアムのラジオパーソナリティをやっていたオリラジの中田あっちゃん。

とても好きになったのでユーチューブチャンネルをちょこちょこ見てるんですけどね、

先日アップされた動画を見てビックリ!

ある絵本作家を紹介していたんです。

まさかこの名前が出るとは、、

エドワード・ゴーリー。

知る人ぞ知るという感じかな?






19-5-17a.jpg
僕が大学生のときに出会ったこの作品。

おぞましい二人

なんとも不気味で恐い作品です。

細い線で描かれたモノクロの世界は残酷で不条理に満ちています。





19-5-17b.jpg
このブログではいくつか絵本を紹介してるのですが、、

この作品はちょっと・・w

と思い本棚に眠らせていたのですが、

さすがあっちゃん、

芸術的表現力で魅力を語ってくれました。

どうとらえるかは人それぞれですが、

なかなか他の作品に出会わないのでもし入手したら今度は迷わず紹介しますねw

2019.01.12 やまなし
19-1-6a.jpg
さて絵本です。

今回GETしたのは、

『やまなし』

作: 宮沢賢治

絵: 遠山繁年

小さな谷川の底を写した二匹のかにの物語。

透明感のある情景がとても素敵な絵本です。






19-1-6b.jpg
かにの兄弟の会話が聞こえてくるようです。

クラムボンとはなんなのか?

いろんな説がありこのお話に深みを与えています。

やまなしのお酒、

飲んでみたいね。

さー次は何の絵本かな~?